大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

診療時間:9:30~12:30、16:00~19:00 土曜日:9:30~14:30
休診日:水曜午後、日曜、祝日
電話から順番予約ができます
Tel. 050-5533-6527
初めての方でもご利用いただけます。

大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

耳管の異常

耳管の異常

耳の中耳腔(ちゅうじくう)と鼻の奥にある上咽頭(じょういんとう)は耳管と呼ばれる細い管でつながっています。通常、この耳管は閉じているのですが、あくびや物を飲み込んだ瞬間に開いて鼓室の圧力を調整する働きがあります。この調整機能の働きが悪くなり、耳管が上手く開かないことを耳管狭窄症、逆に耳管が開いたままの状態のことを耳管開放症といわれます。

耳管に異常が起こる原因

耳管狭窄症の原因

・かぜに伴う上気道炎

・副鼻腔炎に伴う後鼻漏

・上咽頭炎

・上咽頭の腫瘍

・アデノイド(咽頭扁桃肥大)  etc.

耳管周囲が炎症を起こし、粘膜が腫れることによって耳管が上手く開かなくなることもありますが、原因がはっきりしないこともあります。

耳管開放症の原因

ダイエットなどで急激に体重が減少すると、耳管周辺の脂肪が減少し耳管が開いた状態になりやすくなります。また、中耳炎を繰り返すことによって、耳管周辺の組織が弱くなり耳管開放症になることもあります。妊娠やピルの内服など、ホルモンバランスの変化によって起こる場合もあります。

耳管の異常が起こると現れる症状

耳管狭窄症と耳管開放症の症状はよく似ており、どちらも耳閉感(耳が詰まった感じ)、難聴、自分の声が大きく聞こえる、めまいなどの症状が現れます。

当院の治療方法

耳管狭窄症の治療

耳管周囲の炎症を取り除くために、お鼻の処置やネブライザーを行います。また、鼻から耳管の入り口に空気を送り込む耳管通気を行います。

耳管開放症の治療

漢方薬の加味帰脾湯(かみきひとう)の内服、生理食塩水の点鼻、鼓膜にテープを貼る(鼓膜を動きにくくさせる作用があります)、耳管開口部に薬液を噴霧し意図的に炎症を起こし狭窄させる治療、などを行います。

耳鼻咽喉科長谷川クリニックは大阪市福島区、此花区の耳鼻科です。

Copyright © 2017 耳鼻咽喉科長谷川クリニック