大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

診療時間:9:30~12:30、16:00~19:00 土曜日:9:30~14:30
休診日:水曜午後、日曜、祝日
電話から順番予約ができます
Tel. 050-5533-6527
初めての方でもご利用いただけます。

大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

花粉症

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)

花粉症はいまや日本人の約4人に1人が花粉症だといわれています。花粉症とはスギやヒノキなどの花粉が身体のなかに取り込まれることによって、鼻水や鼻詰まり、くしゃみなどのアレルギー症状を引き起こします。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれ、原因となる花粉が飛散している時期にだけ症状が引き起こされます。花粉症の主なアレルゲンはスギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサなどがあり、日本では約60種類の花粉がアレルゲンとして報告されています。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の症状

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の3大症状は鼻水、鼻詰まり、くしゃみです。これらの症状は鼻の粘膜についた花粉を身体から追い出そうとする免疫反応によるものです。症状の特徴は透明のさらっとした鼻水、何度も連続するくしゃみです。また、花粉症の多くの方は明け方にモーニングアタックといわれる鼻炎の症状を起こします。

当院の治療内容

花粉症の主な治療方法としては初期療法や維持療法、CO2レーザー治療、舌下免疫療法などがあります。

初期療法はスギやヒノキなど原因となる花粉が飛散する少し前の時期から治療を開始する方法です。症状が出現する少し前から薬を服用・点鼻薬を使用することにより、鼻の粘膜が過敏になるのを抑え、花粉症の症状が現れるのを遅らし、ピーク時の症状を軽くします。また、併用する薬の量や使用回数を少なくすることもできます。

維持療法とは初期療法で抑えている症状を薬の追加や点鼻薬等を使用し、症状が抑えられた状態を保つための治療です。

CO2レーザー治療とは通年性アレルギー性鼻炎でもご紹介しましたが、花粉症の外科的治療法としてCO2レーザー治療も効果的です。鼻の粘膜をレーザーで焼灼して粘膜を収縮させ、鼻水を減らし、鼻の通り道を広げる治療法を行っています。花粉症シーズンの少し前に行うことで、高い治療効果が得られますので、ご相談ください。
>>詳しくはCO2レーザー治療ページへ

このような方にお勧めです。

  • 花粉症の薬が効きにくい方
  • 長期間、複数の薬を飲むのが嫌な方
  • 眠気などの副作用が強く現れる方
  • 仕事や学校で忙しく、十分通院や薬の服用ができない方
  • 妊婦または授乳中で薬を控えたい方

舌下免疫療法とはスギ花粉症の新しい治療方法です。スギ花粉のエキスを舌下より体内に取り入れ体をアレルゲンに慣れさせる治療方法です。
>>詳しくは舌下免疫療法のページへ

耳鼻咽喉科長谷川クリニックは大阪市福島区、此花区の耳鼻科です。

Copyright © 2017 耳鼻咽喉科長谷川クリニック