大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

診療時間:9:30~12:30、16:00~19:00 土曜日:9:30~14:30
休診日:水曜午後、日曜、祝日
電話から順番予約ができます
Tel. 050-5533-6527
初めての方でもご利用いただけます。

大阪市福島区、此花区の耳鼻科 耳鼻咽喉科長谷川クリニック

嗅覚障害

嗅覚障害

におい(嗅覚)は生活をするうえで欠かすことができない感覚です。例えば食べ物の良い香りを嗅ぐと美味しく感じることができ、嫌なにおいや強いにおいを感じると食べ物が腐っているかもしれない、ガスが漏れているかもしれないなどの危険を察知することもできます。

嗅覚障害は、

①呼吸性嗅覚障害:風邪や副鼻腔炎(蓄のう症)などで鼻が詰まってにおいがしないもの
②嗅粘膜性嗅覚障害:においの粘膜が障害されているもの
③中枢性嗅覚障害:頭部の外傷や脳腫瘍など

に分類されます。

また、においに敏感になりかすかなにおいも強く感じる嗅覚過敏、本来と異なるにおいに感じる嗅覚錯誤なども嗅覚障害といいます。

においはどうやって感じるの?

鼻の孔の奥にはにおいを感じる嗅粘膜という粘膜があります。鼻から入ってきたにおいが、嗅神経が集まる嗅粘膜に付着し、その刺激が嗅神経を通り脳に送られ、においとして感じます。このにおいを感じる経路のどこかに障害があれば、正常ににおいを感じられなかったり、感じにくくなったりします。

嗅覚障害の検査と治療

嗅覚障害の原因を調べるために鼻鏡や内視鏡を使って鼻腔内を診察し、鼻粘膜の炎症や腫れの程度などを把握します。また、必要があれば、CT撮影により副鼻腔炎や鼻腔腫瘍がないかを調べます。さらに、静脈性嗅覚検査(ニンニク臭のするビタミンB1剤を静脈注射し、においが発生するまでの時間を調べる検査)により、障害の重症度を判定します。

嗅覚障害 正常
嗅覚障害 イラスト

治療

呼吸性嗅覚障害の場合は風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など原因となる疾患の治療を行います。嗅粘膜性嗅覚障害の場合、ステロイド剤の点鼻薬を使用し、嗅覚障害に有効とされる漢方の内服治療を行います。

嗅覚障害を予防する為には風邪をひかないことが大切です。風邪は嗅粘膜に炎症を起こして嗅粘膜性嗅覚障害を起こすことがあり、また、副鼻腔炎の原因にもなります。 鼻づまりや鼻水などが長引く場合はすでに副鼻腔炎を起こしている可能性もあります。嗅覚障害は早期治療するほど治療効果が高まりますので、風邪が治ったのに3~4日たってもにおいが感じられない場合は早めに受診してください。

耳鼻咽喉科長谷川クリニックは大阪市福島区、此花区の耳鼻科です。

Copyright © 2017 耳鼻咽喉科長谷川クリニック